ジョージコックス-GEORGE COX

ジョージ・コックスと聞くと、ラバーソールと呼ばれる厚底のブーツを思い浮かべる人がほとんどでしょう。 ロックやパンクのイメージのあるブランドですが実はその歴史は古く、 靴作りの本場であるイギリスノーザンプトンで1906年、創業者ジョージ・ジェイムス・コックスによって設立された歴史ある靴メーカーなのです。 また、ジョージコックスは今までに様々なブランドやショップとの別注モデルを世に生み出しており、 そのカテゴリは今ではロックやパンクの枠にとらわれる事なく、今なお個性的な靴を作り続けています。 大量生産をせず、靴作りの基本を忠実に実行しているその企業スタイルが100年以上の歴史を生み、 人々の心を魅了し続けている最大の要素でしょう。


―写真をクリックすると別ウィンドウで詳細ページが表示されます―

1000
ブラック
スティールトゥー
ロングエンジニアブーツ
¥50,000-(税別)
1000
ブラウン
スティールトゥー
ロングエンジニアブーツ
¥50,000-(税別)